2020年 8月 イベント情報

8月 曜日 会場 タイトル
1日〜 北九州市 ◆北九州市立東部障害者福祉会館@切り絵教室(全4回)Aエッグポマンダー教室
2日〜 北九州市 ◆難聴者・中途失聴者協会のイベント
2日〜 北九州市 ◆オープンブレイルライブラリー(点字図書館一般公開)
4日〜 福岡市 ◆令和2年度 身体・精神・知的障がい者・難治性疾患者対象
委託訓練 【パソコン基礎科】募集案内 8月開講
9日〜 北九州市 ◆フロアバレーボール一緒にやりませんか?
16日 北九州市 ◆発達障害に関する相談カフェ
20日〜 仲間市 ◆桑の実工房 夏の展示会「色×彩」
お知らせ ◆「心の輪を広げる障害者理解促進事業」作文・ポスター募集
お知らせ ◆新型コロナウィルス感染層の拡大等に伴うこころの不調を
乗り越えるために



◆北九州市立東部障害者福祉会館

@切り絵教室(全4回)
 1.日時 令和2年8月1日(土)、9月5日、10月3日、11月7日(土)
13:30〜15:30
 2.定員 10名(抽選)
 3.参加費 材料代として 800円(4回分)
 4.内容 楽しく切り絵の作品を作ります。
 5.申込 令和2年7月1日(水)〜22日(水)
Aエッグポマンダー教室
 1. 日時 令和2年8月23日(日)13:30〜15:00
 2. 定員 8名(抽選)
 3. 参加費 材料代として 500円
 4.内容 卵の殻の中にポプリを入れたエッグポマンダー。リボンなどで飾りをつけて香りや色を楽しみましょう。
 5. 申込 令和2年7月15日(水)〜8月5日(水)
@A共通事項
 5. 会場 北九州市東部障害者福祉会館 研修室6C
(北九州市戸畑区汐井町1-6 ウェルとばた6階)
 6. 対象者 障害のある人
 7. 申込方法 電話にてお申込みください。
聴覚障害のある人はFAXに、希望の講座名、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、連絡先を記入してお申込みください。また、必要な合理的配慮がありましたらお申込み時にお伝えください。(要約筆記、手話通訳、資料のデータ化、点字化、介助など)
 8. 申込・問合せ先 北九州市立東部障害者福祉会館
TEL 093-883-5550 FAX 093-883-5551

今月のイベント情報目次へ



◆難聴者・中途失聴者協会のイベント

@生活相談
 1. 日時 令和2年8月2日(日)〜8月31日(月) 毎週火曜日、金曜日、日曜日
※13日(木)〜16日(日)はお盆休み
10:00〜16:00
 2. 会場 北九州市難聴者・中途失聴者協会 事務所
(北九市傍田区汐井町1-6- ウェルとばた6階)

※都合の悪い方は、日時・場所など調整いたします。
 3. 内容 聞こえやコミュニケーション、仕事や学校、対人関係の悩みなど
社会生活上の必要な情報提供や支援を行っています。秘密厳守します。
A生活講座 手話学習C
 1. 日時 令和2年8月1日(土) 13:00〜15:00
 2. 会場 北九州市東部障害者福祉会館 研修室6A
(北九州市戸畑区汐井町1-6 ウェルとばた6階)
 3. 内容 短文練習 心理
B生活講座 読話教室
 1. 日時 令和2年8月22日(土) 13:00〜15:00
 2. 会場 北九州市東部障害者福祉会館 研修室6A
(北九州市戸畑区汐井町1-6 ウェルとばた6階)
@〜B共通講座
 4. 対象者 難聴者・中途失聴者及び関係者
 5. 参加費 無料
 6. 問合せ先 NPO法人北九州市難聴者・中途失聴者協会
FAX/TEL 093-883-3113
(電話対応は火曜日のみ可)

今月のイベント情報目次へ



◆オープンブレイルライブラリー
(点字図書館一般公開)


 1.日時 令和2年8月2日(日)
午前の部 10:30〜12:20
午後の部 13:30〜15:20
 2.会場 点字図書館
(北九州市八幡西区黒崎3-15-3 コムシティ5階)
 3.定員 点訳体験 午前・午後各12名 (先着)
シネマ・デイジー体験 午前・午後 各15名 (先着)
 4.参加費 無料
 5.対象者 障害のあるなしに関わらずどなたでも参加自由
 6.内容 点字図書館をたくさんの方に知って頂くためのイベントを開催します。
「点訳」や「シネマ・デイジー(音で聴く映画)」などの体験コーナーや音訳コーナー(制作風景の掲示など)があります。見学してみませんか?
※必要な合理的配慮がありましたらお申込み時にお伝えください。(要約筆記、手話通訳、介助、資料の点字化など)
 7.申込 令和2年7月3日(金)から
 8.申込・問合せ先 北九州市立点字図書館
TEL 093-645-1210 FAX 093-645-1601

今月のイベント情報目次へ



◆令和2年度 身体・精神・知的障がい者・難治性疾患者対象
委託訓練 【パソコン基礎科】募集案内 8月開講


 1. 訓練期間 令和2年8月4日(火)〜10月30日(金) 総訓練時間279時間

土・日・祝日と8月11日、12日、13日、14日は休講
 2. 訓練時間 原則 10:00〜15:50
 3. 実施場所 福岡市中央区渡辺通1-1-1 サンセルコ2F
株式会社新日本企画オープンカレッジ福岡校
TEL 092-715-7411
地下鉄(七隈線)渡辺通駅より 徒歩約2分
西鉄電車 薬院駅より 徒歩約8分
西鉄バス 柳橋バス停より 徒歩約1分
駐車場:なし
身障者用トイレ:あり
車いす使用:使用可能(若干名)
 4. 職場実習の場所 初心者向けのパソコン用語や基本操作から学習を開始します。その後、事務系のお仕事に役立つワープロソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトの知識や操作を順に学習(習得)していきます。資格取得を目標に検定対策試験も行いますので訓練期間中にパソコン検定試験の受験が可能です。

また、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを磨き、終息相談・履歴書・職務経歴書の作成・面接指導を行い、終了後の早期就職を目指します。
 5. 定員 計10名
定員に満たない場合は訓練を中止する場合があります。
 6. 訓練内容  初心者向けのパソコン用語や基本操作から学習を開始します。その後、事務系のお仕事に役立つワープロソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションの知識や操作を順に学習(習得)していきます。資格取得を目標に検定試験対策も行いますので訓練期間中にパソコン検定試験の受験が可能です。
 また、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを磨き、就職相談・履歴書・職務経歴書の作成・面接指導を行い、終了後の早期就職を目指します。

 7. 受講料 無料 ただし教材費として約12,000円必要です。資格取得のための
検定受験料は別途必要です。
 8. 対象者 1. 公共職業安定所長から受講あっせんを受けることができ、訓練を受講して関連職種への就職を希望される方

2. 訓練を受講する上で、健康面と集団生活に支障の無い方

3. 精神障がい、知的障がい。難病などのある方(手帳の有無を問いません) 障害の状況によっては受講できない場合がありますので、事前に最寄り の公共職業安定所もしくは、福岡障害者職業能力開発校にご相談ください。

  一定の条件を満たせば、求職者支援制度に基づく職業訓練受講給付金を受給できます。
 9. 募集期間 令和2年5月22日(金)〜令和2年6月29日(月)
 10. 応募書類 1. 入校願書(公共職業安定所にあります。)

2. 写真1枚(縦40o×幅30o、上半身、脱帽、正面向け、6か月以内撮影のもの)  を、入校願書に貼付のこと

3. 氏名と障がい名等が分かるもの(下記のいずれか)が必要となります。
  ・障害者手帳(精神・療育)の写し
  ・難病の方は指定難病の医療受給者証の写し・知的障がいの方は、
  判定書の写し

4. 精神障がいの方は主治医の意見書(6か月以内)の写しも必要となります。

 11. 応募方法 最寄りの公共職業安定所へ(福岡障害者職業能力開発校では受け付けておりません。)
 12. 入校選考 令和2年7月14日(火)13:30より訓練実施場所にて選考面接を行います。
選考結果は7月22日(水)付けで本人宛に郵送にて通知します。

 13. お問合せ先 福岡障害者職業能力開発校 または 最寄りの公共職業安定所
訓練内容の詳細については、株式会社新日本企画オープンカレッジ福岡校(委託先)電話 092-815-7411 にお問い合わせください。


今月のイベント情報目次へ



◆フロアバレーボール一緒にやりませんか?

 1. 日時 令和2年8月9日、23日(日) 9:00〜12:00
 2. 会場 北九州市障害者スポーツセンター「アレアス」
(北九州市小倉北区三郎丸3丁目4-1)
 3. 対象者 障害児。者、また、障害のあるなしに関わらず自由に参加OK
 4. 持参品 体育館シューズ(室内シューズ)、ジャージなど動きやすい服装、軍手、飲み物
 5. 内容 ネットの下を通してバレーボールを打ち合います。普通のバレーボールとは違う世界を一緒に体験してみませんか?
 6. 問合せ先 障害者スポーツをひろげようの会
携帯 00-1751-0827(担当 谷本)

今月のイベント情報目次へ



◆発達障害に関する相談カフェ

 1. 日時 令和2年8月16日(日) 13:00〜14:00
(受付 12:45〜)
 2. 会場 障害者自立支援ショップ「一丁目の元気」
(北九州市小倉北区京町1丁目6-1)
 3. 対象者 18歳以下の発達障害のある子ども又はその疑いのある子どもの保護者
 4. 定員 5名(先着)
 5. 参加費 500円(テイクアウトのコーヒーセット)
 6. 内容 発達障害のある、もしくはその疑いのあるお子様の保護者の方を対象に
相談カフェを実施します。日頃の悩みを相談したり、他の方の話を聞いて
みたりしてみませんか。
 7.申込・問合せ先 北九州市保健福祉局精神保健福祉課
TEL 093-582-2439 FAX 093-582-2425

今月のイベント情報目次へ



◆桑の実工房 夏の展示会
「色×彩」


 1. 日時 令和2年8月20日(木)〜23日(日)
10:00〜16:00

 2. 会場 月瀬八幡宮(中間市上底井野1696-1)
※駐車場あります。

 3. 内容 毎年夏に行なっている展示会。現在の状況下で、「中止ではなく、新たな方法で開催しよう」と方針を決め、今年も行うこととなりました。
テーマは「色×彩」。様々な色や線で描くペイント商品はもちろん、その他にも色とりどりの商品を準備して、お待ちしております。
染色・木工・ペイント・小倉織
セルプちくほ(食品)・greenfrog(ドライフラワー)など

 4. 申込 夕刊を1時間10名定員の予約制で4日間開催します。予約はメール・電話
で受付をします。受付時間は10:00〜17:00です。予約時には、
希望の日時・お名前・電話番号(メールアドレス)・住所をお知らせください。

 5. 問合せ先 障害福祉事業所 桑の実工房
TEL/FAX 093-612-6045
メール kuwanomi@jcom.home.ne.jp
月瀬八幡宮(会期中のみ)
TEL 093-244-1824

今月のイベント情報目次へ



◆「心の輪を広げる障害者理解促進事業」
作文・ポスター募集


募集内容
毎年12月3日から9日までの一週間は「障害者週間」です。内閣府では、「障害者週間」の取組の一つとして、毎年、都道府県・指定都市と共催して、障害のある人に対する理解の促進を図るため「心の輪を広げる体験作文』と「障害者週間のポスター」を募集しています。障害の有無に関わらず、誰もが互いの人格と個性を尊重し合いながら、安心して生き生きと暮らすことのできる”共生のまちづくり”を目指し、是非皆さんの体験や気持ちを作品にしてください。

@「心の輪を広げる体験作文」
テーマは「出会い、ふれあい、心の輪−障害のある人とない人との心のふれあい体験を広げよう−」
障害性区分、中学生区分、高校生区分・一般区分の4区分。

応募方法
 ・400字詰原稿用紙(B4判又はA4判・縦書き)を使用してください。

 ・「小学生区分」及び「中学生区分」は原稿用紙2から4程度、
  「高校生区分」「一般区分」は原稿用紙4から6枚程度とします。

 ・パソコン等の電子機器による作成も可とします(用紙は上記に準じるもの)。
  ただし、手書きの作品については、写し(コピー等)の提出は認められませんので、ご注意ください。

 ・点字の作品の応募も可能です。点字の作品については、墨字に直したもの(様式自由)を必ず
添付してください。

 ・作品の他に、題字、住所、氏名(ふりがな)、年齢(生年月日)、性別、職業又は学校名(学年)、電話、FAX番号、障害の有無・程度などを記入した応募用紙を一緒に送ってください。

※応募は未発表の作品1編に限ります。

A「障害者週間のポスター」
テーマは「障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現」
小学生区分、中学生区分の2区分。

応募方法
 ・作品は縦長の向きにしてください。彩色画材は自由です。標語や文字は入れないでください。

 ・紙の大きさは、画用紙のB3判(横364ミリメートル×縦515ミリメートル)としてこれより小さい作品は、
  B3判又は四つ切りの台紙に貼り付けてください。

 ・作品のほかに、題名、住所、氏名(ふりがな)、年齢(生年月日)、性別、学校名(学年)、FAX番号、障害の有無・程度、作品で表現した内容などを記入した応募用紙を一緒に送ってください。

 ※応募は未発表の作品1点に限ります。
募集期間

令和2年9月4日(金)まで (必着)

※作文・ポスターの応募用紙は北九州ホームページに掲載しています。
  また、児童生徒で、学校を通して応募する場合は、学校へ提出してください。

★北九州市ホームページ
『令和2年度「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」の募集』
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/17600344.html

提出・問合せ先

〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
北九州市保健福祉局障害福祉企画課(共生社会推進係)
TEL 093-582-2453 FAX 093-582-2425

今月のイベント情報目次へ



◆新型コロナウィルス感染症の拡大等に伴う
こころの不調をのりこえるために


新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、私たちの生活にも大きな影響が出ています。
中には、不安やイライラを抱え、心のバランスを崩している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
思いがけない経験をして精神的に不安定になることは、異常な事態に対する正常な反応です。
こころの不調を乗り越えやすくするために知ってほしいことがあります。

よくみられる症状や変化

 眠れない
 イライラする
 不安・緊張が高い
 身体の調子が悪い

乗り越えやすくするために

 @休息をとりましょう
 A食事や睡眠など日常生活のリズムをなるべく崩さないようにしましょう。
 Bお酒やカフェインの取りすぎに注意しましょう。
 Cイライラが強まったときは、深呼吸してリラックスするようにしましょう
 D心配や不安を一人で抱えずに、周りの人と話しましょう。

これらの状態は、自然に回復していくことがほとんどですが、「つらい気持ちを誰かに話す」、
「相談する」ことでつらさが和らぐことがあります。お一人で抱え込まず、ご相談ください。

連絡先

@北九州市精神保健福祉センター
TEL 093-522-8729 月〜金 8:30〜17:15
※祝日・年末年始を除く

A北九州市自殺予防こころの相談電話
TEL 093-522-0874 月〜金 9:00^17:00
※祝日・年末年始を除く


今月のイベント情報目次へ




              
今月のイベント情報目次へ 月別の目次へ 福祉情報センターへ