クローバープラザの電話番号は092-584-1212、ファックス番号は092-584-1214です。
 
TOP → 施設利用の手引き

施設利用の手引き

利用料金の支払

施設利用料金の支払

施設利用料金のお支払いは、予約が確定した日から起算して2週間後まで、または利用日の1週間前のいずれか早い日までにお願いします。

支払い方法は「窓口払い」「振込」のいずれかとなります。

予約時に支払方法を「振込」とされた場合は、利用料金を下記の口座へお振り込みいただいた後に、クローバープラザ総合案内までご一報ください。
※振込手数料はお客様のご負担となります。

利用料金のお支払いについて(PDF)


利用承認書

施設の利用を承認したときは、利用承認書(兼領収書)をお渡しいたします。
利用承認書は利用日当日、総合案内窓口にご提示ください。
承認書の再発行はできませんので、紛失されないようにお願いします。


利用の変更・取消

利用の変更

利用日時の変更は、変更先の日・利用区分が空いている場合に、1回限り認めます。
利用日の1週間前までに、利用変更申込書、利用承認書、印鑑を持参のうえ、1F総合案内に提出してください。
実質上の主催者の変更はできません。取消扱いとなります。

利用の取消

利用を取り消す場合、利用取消申出書と利用承認書、印鑑を持参のうえ、総合案内に提出してください。

利用料の還付は、次のとおりとします。
●利用取消を上記の受付期間内に行った場合のみ、利用料の50%に相当する額を返金いたします。
●利用日から1週間を切ると、利用の変更・取消ともにできません。


福岡県庁ホームページより (新型コロナウイルス感染症)
【県有施設の開館状況及び県主催のイベント等の中止・延期について】
●イベント等を開催する目的で当施設を利用する方が、2022年3月31日までに実施予定であったイベント等について、感染拡大防止を目的として中止または延期を行った場合、キャンセル料は徴収しない(すでに納付されている場合は全額還付する)こととしていましたが、2022年4月1日以降については、この運用を継続しないものとします。(福岡県庁ホームページより


注意事項等

利用前の準備

1) 大ホール・クローバーホールを利用する場合、催物を円滑に進行するため、事前に打合せをさせていただきます。その際、施設利用に関する計画書と催物全般に関する資料をご持参ください。打ち合わせでは、開催目的、時間配分、舞台レイアウト、必要備品、搬入物、その他の条件等についてお伺いいたします。
2) 催物の内容によっては、官公署等への申請、届出が必要な場合があります。あらかじめ、関係官公署にご相談ください。

書式のダウンロードコーナー

利用上の注意

1) 施設利用の際は、総合案内窓口に施設利用承認書を提示して鍵を受け取り、受取確認を受けてください。 鍵の受け取りは、利用時間の15分前からです。
2) 承認された利用時間には、準備・撤去の時間も含まれますので、時間内ですべて終了してください。
3) 消防法上、定員を厳守してください。
4) 入場者の誘導、整理、持ち込み物品の管理は、主催者側でお願いします。
5) 看板、ポスターその他の掲示物は、あらかじめ許可を受けてください。
6) 利用承認を受けていない施設には立ち入らないでください。また、利用承認を受けていない設備・備品は使用しないで下さい。
7) 利用終了後は、利用した施設、設備を利用前の状態に戻し、空調を切り、消灯と施錠をしていただき鍵を1F総合案内まで返却し、返却確認を受けてください。なお、施設・設備・備品等を破損、滅失した場合は、実費にて弁償していただきます。
8) 指定された場所以外での喫煙を禁止します。
9) クローバープラザ施設内での飲酒は一切禁止します。(2Fレストランを除く)
10) 利用時に出たゴミは、お持ち帰りください。
11) 物品の搬入や搬入経路については、事前に総合案内へご報告ください。
12) 危険物の持ち込みはお断りしています。
13) 館内駐車場は、駐車可能台数が限られています(218台)ので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。(駐車場は、入庫から2時間まで無料、以後30分ごとに150円です)
14) ご利用内容がいずれかに該当する場合は利用承認できません。
  • (1)他人に迷惑をかけ、危険を及ぼすおそれがあるとき。
  • (2)公の秩序を乱し、善良の風紀を害するおそれがあるとき。
  • (3)計画的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。
  • (4)伝染性疾患があるとき。
  • (5)条例又はこれに基づく規則・利用規程に違反するとき。
  • (6)施設・付属設備・備品を破損又は滅失するおそれがあるとき。
  • (7)利用料を納めないとき。
  • (8)主として営利の目的とした販売、取引、その他の営業行為を目的として利用しようとするとき。
  • (9)その他の施設の管理運営上支障があるとき。

15) 利用に際して次のいずれかに該当する場合は、利用を取り消し、利用をその場で中止していただくことがあります。
  • (1)この利用上の注意及び利用承認の条件に違反したとき。
  • (2)利用申込書に虚偽の記載があったとき又は不正の申出により利用承認を受けたとき。
  • (3)利用承認を受けた目的以外に利用したとき。
  • (4)利用承認により生ずる権利を第三者にて転貸又は譲渡したとき。
  • (5)その他、施設管理者の指示に従わなかったとき。






トップへ